読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやら第二の思春期が来たらしい。

見た目はリア充完全武装。心は荒んだクリスタル。アラサー独女の日々。

股の毛について本気出して考えてみた。

 

 

股の毛に無頓着な方々に対して、わたしは無条件に軽蔑する。

 

なぜ気にしないのか。

手や足や背中のムダ毛は処理するくせになんで股の毛には無頓着なのか。

 

大事なところだから毛で守っているだなんて、あなたいつの時代を生きているのですか。

動物の皮や毛で作った布纏って裸足で狩猟または稲作してるんですか。

パンツ履いてるでしょう?

 

 

 

すました顔して街を歩くあの人もこの人もあの人も、

股の毛がモーモーに生えているなんて想像すると、変な気分になってくる。

あらゆる分野での近代化が進むこの世の中でなぜ人間の(特に日本人の)股の毛に関しての意識は変わらないのか。

と、哲学的極論に至るまで、考え出したら止まらない。

 

股の毛について、本気出して考えてみた。

タリーズで。

 

 信じられない。

隣でカフェラテ飲んでる女子大生も、喫煙室に入っていったナイスミドルも、モーモーだなんて。

 

 例えば性行為ひとつとっても、

定期不定期関係なく、致す相手がいるまたはこれから出来る可能性があるのなら毛の手入れぐらい常識的にするべきだ。絶対に。

 

性的な究極の行為(動物的とも言う)において、股の毛ほど弊害になるものはあるだろうか。

不必要でしかない。

 

相手のためを思うなら、スネや脇よりも股の毛を処理するべきではないか。

もっとも人間的な考えを持っているのなら、相手の事を考える社会的思想を兼ね備えているはずだし、自分が常識人だと思うのなら真っ先に股の毛は処理するべきである。

それは第一に相手のために。

 だって相手からしたら不快以外の何者でもないでしょう?異論は認めない。

 

 

 

風呂・脱衣所・トイレに落ちてる毛を見るのだって嫌じゃない?

だって濃くて太いし、他の部分の毛よりもやたら存在感があるから、たった一本でも床に落ちていたら妙に目立つ。

わたしだったら、もし招かれた家に縮れ毛が落ちていたらこの人の毛ってこんな感じなんだ、むしろやっぱり手入れしてないんだと思って、そのイメージがずっと脳裏に焼き付いて辛いと思う。

 

とにかく、

医学的・生物学的観点は抜きにして、人間のマナーとして、相手を慮る常識的な人間として、

全剃りしろとまでは言わないけど、整えるぐらいはすべきである。

 

汗だって汚れだって菌だって、よく分かんない諸々だって、普段手で触らないものが付いている(かもしれない)毛の部分を、性行為で相手に触ってもらおうなんて、利己的すぎる。

というか、わたしが疑問に思うのは、

奥ゆかしいと言われる日本人が何故股の毛には無関心なのかという事である。

細かい作業が得意で、それで高度経済成長を乗り越えた日本人が、なぜ自分の陰部には感心がないのか。

 

なぜだろうか。

目覚ましい高度経済成長を遂げている間、子孫繁栄に勤しんでいる間、股の毛にまで気を払っている余裕などなかったのか。

目的がはっきりしているから、それは単なる過程のうちの一部分であって、重要視されなかったのか。

 

今でこそブラジリアンワックスが主流になって、前よりも股の毛について考える機会が増えたが、

VもIもOもツルツルであるわたしが、温泉なんぞ行こうものならすぐに注目の的である。

しかも見つめるその目は、まるで変態でも見るかのような冷たいものだ。

 

わたしは訴えたい。

おかしいのはあなたたちだ。絶対にあなたたちの股はわたしの股より汚い。絶対に。

いくらかわいい下着を纏っていたって、毛の濃さでショーツが盛り上がっているというその根本的なおかしさに早く気づくべきである。

万が一はみ出ていようものなら、人間業を辞退なさった方がよろしいとさえ思う。

テレビを見ている暇があるなら、スマホいじってる暇があるなら、

一刻も早く、少しだけでも股の毛の手入れをすべきだ。

男女限らず。

 

 

美容室に行って髪の毛を整えるのと同じような感覚で、

股の毛を整えるのが普通になる国に日本はなるべきだし、

脱毛業界は背中の毛とか二の腕とか甘いこと言ってねーで、もっと股の毛に特化したプランを全面的に全面的に全面的に打ち出し、新たなスタンダードをつくってくれることにわたしは期待している。

 

 

さあみなさん、これを読んだら鏡の前で自分の股の毛を観察してみましょう。

触ってみましょう。

そして、今まで性行為をしてきた方々の顔を思い浮かべてみましょう。思い出せましたか?

そしたら相手の股の毛も自然と頭に浮かんでくるはずです。

疑問を持ちましょう。

相手の毛、確かに邪魔だったけどわたしの毛も長すぎやしなかったか。匂いはなかったか。ここを、見られていたのか、と。

 

 

何度も訴えます。

股の毛に無頓着なのは、人間として軽蔑に値します。

 

大人達、タラレバを肯定するな。

 

なんだいきなり。

 

かくかくしかじか紆余曲折あり放置していたこのブログのアクセス数がここ最近安定している(気がする)

いや、正確に言うとわたし自身がブログにアクセスする余裕が出来たと言った方が良いのかもしれない。

放っておいてごめん。

どこのアナタが読んでくれているのでしょう。

放っておいてごめん、だなんて大層上から目線な物言いでごめん。

 

 

いや、色々あったんすよ。

いやまあ見事にホント色々。

聞きたい?

人の不幸は楽しいものだからこれ読んで、ああまだ下がいるんだと思ったりとかして楽しめばいいと思う。

 

父の死

姉の急病

母の発病と命の宣告

仕事退職

車ぶつけられる

彼氏に女の影

精神錯乱(彼氏が)

4キロ増

 

まあザッとあげたらこんなもんだが、

人生の不幸な出来事パレードがこの4ヶ月で一気に起こったのだ。(とどめは4キロ増)

どうだ、不幸だろう。

仕事行きたくないなんて言ってる新入社員や夫がなんもしてくれないなんて言ってる主婦、わたしの前ではその少し浮ついたお口を是非慎んで頂きたい。むしろ黙れ。

 

 

聞いてください。

人生なんぞあっという間に終わるのです。

あぁもっと遊んどきゃ良かった勉強しときゃ良かったあの人と結婚していればもっと好きなことしていたら南国に生まれていたら子供産んでれば

なんてたられば言っていたら、自分が死ぬ間際後悔が走馬灯のように浮かび、わたしだったら成仏できずに地縛霊になる(もしくは誰かに憑く)

 

人間ってのは、生物のなかでも怠惰の塊のようなもので、実際自分が苦しい局面にぶち当たらないと大事なことが分からないのである。

 そのなかでも特にできねー奴は、無くなってからいなくなってから大事さが分かった(;_;)とか言ってやがる。

 

ノー天気にもほどがある。動物や昆虫だって四の五の言わず生きるために狩りやら住まい作りに勤しんでいるというのに、自分様は一体全体どのようなご身分でどのような立場から、やれタラレバタラレバ言ってんのかと呆れる。

 

あんた、タラレバ言えるのは幸せな証拠だよ。気づけ。

そうだよ、言わなくてもわかるよ、ほんの半年前の私はまさにこれだったよ。

 

 

大事なことに気づく局面ってのは、人生のうちできっと何十回もあるのだろうけど、そこできちんと気づくかどうか。

しっかり多方面から物事が見れるかどうかがその後の分かれ道だろう。

 

 

あんなことを言われて傷ついた、そんなこと言う奴はダメな奴だ、あいつありえない、あんな上司キチガイだ、

 

物事を多方面から見れず、いつも正しいのは自分だと信じこんでいるうちはきっと目の前のことが変わらない。

そのグチとか悪口が出てるうちはきっと変わらない。

 

え?だって私がそうだったから。

 

天から不幸(という贈り物)が降ってきて、小生やっと分かった次第であります。敬礼。

 

ですので、これから幸せな気持ちで生きていきたいのなら、是非とももっとまわりに目を向けて生きたらいいんじゃないのかな?と思うのであります。

それができたら今度は感謝の気持ちが浮かんでくるので、それを忘れずにすれば幸せなんではないかなと思う次第であります。

敬礼。

 

 

 

と、

自分への戒め・メッセージとして強め口調で記しました。

こんな機会でもなければ、私は自分のまわりの人たちが大事だってことに気づかなかった。

わたしを支えてくれた友人知人、

本当にありがとう。この恩は一生忘れません。本当に。

 

 

 

わたしは、タラレバが嫌いです。

たまにやる内々のタラレバ会ならまだいいけど、公にするもんじゃない。

テレビでやって流行っちゃったからなんか世の中で肯定されちゃって、

けどあれさ、

危ういよ。

 

 

考えすぎなんじゃない。流されてないだけ。

アウトプットは大事だ。

考えている事感じた事を何かしらの形にして、それを自分で眺める。場合によっては他者に見てもらう。

それだけで思考の整理ができる。

 

ただでさえ情報が溢れた現代。

独身妙齢の難しいお年頃。

それに加えて人よりアレコレ考えすぎる性格。

「悪いのは私なんかい!」

とどこにぶつければいいか分からない怒りを女友達にぶつけては叱咤され、誰も分かってくれない〜涙 と1人でふさぎ込む。

 

「考えすぎ  直す」

Google検索して同じ苦しみを抱えた人々の悲痛な叫びを読んで、私だけじゃないのだとホッと胸を撫で下ろす。

 

 

 

 

 

考えない人間は、後で沙汰される。

考えないでなんとなく人生を送るなら、ふさぎ込む程考えてその都度自分と向き合いたい。

なんなら読んでる人から共感を得たい。

 

 

損得ではなく、ただそう純粋に思う気持ちこそが結局他者まで通じるのだろうと思ってる。それは、アウトプットというモノづくりに繋がる。

自分の損得で物事を進める人はきっと後から大きくつまづく。

 

 

 

絵を描いたり写真を撮ったり。

様々なアウトプット術があるが、私は日本人ならみんなに伝わる文字を選びたい。

都度自分と向き合う時間は、忙しない世の中には必要不可欠。

 

流されたままでいいですか?

縦の軸がないなら、横の軸や斜めの軸を大事にしてみませんか?

色んな感情が渦巻いて無理して笑顔を作るんだったら、下唇噛み締めながら自分の弱い部分を具現化してみたらどうですか。