読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやら第二の思春期が来たらしい。

見た目はリア充完全武装。心は荒んだクリスタル。アラサー独女の日々。

医者がイケメンなのは迷惑以外の何ものでもない

夏に受けた健康診断の結果がこの前届いた。

 

受けに行くのはめんどくさいと思いつつ、公的に仕事に遅刻できるので健診嫌いじゃない。

心電図を受けるときに、「あ、腹まわりのムダ毛、処理してない」と、看護師の目の前で衣服をまくった時に毎回気づく。時すでにお寿司。腹も胸も露わな武装ゼロの状態で開き直る。忘れてくれ、わたしの毛も顔も。

 

そんなことはどうだっていいのだが(いやよくないかも)、封筒を開けて入っていたA4版の紙にはいかにも危機的状況を物語るような堂々たる赤い文字。

そう、28歳独女、人生で初めて精密検査の収集令状を頂いてしまったのだ。

 

「血液脂質の数値が異常なので直ちに精密検査を受けてください」

2枚目には、わたしの血液成分がどれほど異常なのかが赤裸々にも数値で表された紙が同封されていた。

会ったこともない奴に自分でも分からない自分の部分を数値化され、しかも理路整然と異常だと否定され、それを安安と納得する者はいるのだろうか。

赤裸々な私の部分を異常だと決めつけやがったマゼンタ色のその文字に私は静かな怒りを覚えた。

 

私が「異常」とされたのは、血液脂質。つまりコレステロール値。

コレステロールには、HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールがあるらしく、悪玉コレステロールが高いと、いわゆる動脈硬化心筋梗塞になる恐れがあるらしい。

しかし私の場合は、悪玉コレステロールが基準値を下回りすぎて数値外、逆に善玉コレステロールが高すぎるという。善玉が高いならええやん何が異常やねん!と用紙にデコピンしつつも正直内心ビビっていたので一応調べてみたところ、善玉と悪玉の数値に差がありすぎるのも問題らしい。

 

あらかじめ言っておくが私は常日頃から健康には気を使っている。

俗に言うスーパーフードはほとんど試したし、お手製グリーンスムージーでプチファスティングする日だってある。昨年はホットヨガにも通っていたし、休日の朝にはお気に入りのウェアを着てジョギングだってする。

どうだ、たったこれだけの項目を並べても私がいかに健康オタクか分かるだろう。しかもまんまとメディアに踊らされたミーハーだというスパイスも効いている。そのへんの中肉中背アマチュア武装アラサーと一緒にしてもらっちゃ困る。

 

 

 

とにかくこんだけ健康に気を遣っているこの私が再検査だなんておかしいに決まっている。

というか、会ったこともないこの私に「異常だ」とレッテルを貼りやがった薄ら禿げヤブ医者はどんな顔をしやがるのかこの目に焼き付けておこうという怒りを抱え、再度病院に出向いたのである。

 

もはやこの怒りをどこにぶつければ正当なのか分からなくなってきたが、相も変わらぬプロ並みな流れ作業を淡々とこなす愛嬌のない優しい看護師さんに番号で呼ばれ、薄ら禿げの待つ部屋に通された。

 

部屋に入って驚いた。

え、おいおいおいおい、

全然禿げてない。

むしろイケメンやん。。。

 

そこで待っていたのは、

いかにもこの近所のママと波乱な昼顔を繰り広げていそうな、東幹久 似のソース顔イケメン。(推定41歳)

私の脳内には、寝ぼけた無責任禿げちゃびんが既にイメージ化されていたため、予想を反する事の流れにいきなり出鼻をくじかれた。

 

「健康診断の結果にご不安があり、再検査ご希望ですね。」

「はい。」

「実はですね、はっきり言いますが、再検査は必要ありません。」

「えっ、、」

「善玉が多く、悪玉が低いのは健康体の証。もはや模範的です。悪玉と善玉の数値がここまで開くのは、おそらく遺伝でしょう。このままいけば、ご長寿です。」

「たぶん再検査をしても、また同じ数値が出ると思います。それにお金をかけるのは無駄ですし、やらない方向でよろしいですか?」

 

 

東幹久はニコニコと優しく私を諭し、しかも検査や薬で金を取るようなヤブ医者とは違い、無駄な金は払わなくていいとまで言ってくれた。

なんという予想外の連続。

さっきまでの行き場のない怒りはひゅるひゅるとしぼんでいき、私は東幹久の言う通りに病室を後にするしかなかった。

待合室でぼんやり待っていた時にふと目をやった本棚にあった本のタイトルは、「そのままの、あなたが素晴らしい」

混乱した。

 

 

会計の際再び番号で呼ばれ、払った金額は初診代問診代含めて850円。

 イケメン東幹久に優しく諭された代、850円。無駄な金は払わなくていいって言ったのに。この850円は、東幹久に不安と怒りを鎮めてもらった接待代と思うしかないのだろうか。

 

帰り道に、ふと思う。

そもそもこの数値は「異常」ではなかったのなら、今日のこの時間と金はなんのために使ったのか。

というか、異常と言ったはずの本人に正常だと言われて大人しく帰ってくる私は、ただのイケメンに振り回されるバカ正直な尽くすタイプの女と一緒ではないか。

 

家に帰るまでの道中に、太るからという理由でいつも避けているケーキ屋がある。若干の自暴自棄になった私は吸い込まれるようにケーキ屋のショーケースの前に行き、ガトーショコラひとつとフルーツタルトひとつとチョコクッキー一袋を買った。

コレステロール?そんなもん知らん。

血糖値の急上昇にしばし身を任せ、全てを平らげたあとには胸やけと罪悪感が残った。否定され、肯定され、心をかき乱された私を癒すのは甘いスイーツしかないのに、そいつにまで裏切られた気分だ。

 

とりあえず、乱されに乱されまくった混乱アラサーが声を大にして言いたいのは、

医者がイケメンなのは、迷惑だという事である。