読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやら第二の思春期が来たらしい。

見た目はリア充完全武装。心は荒んだクリスタル。アラサー独女の日々。

大人達、タラレバを肯定するな。

 

なんだいきなり。

 

かくかくしかじか紆余曲折あり放置していたこのブログのアクセス数がここ最近安定している(気がする)

いや、正確に言うとわたし自身がブログにアクセスする余裕が出来たと言った方が良いのかもしれない。

放っておいてごめん。

どこのアナタが読んでくれているのでしょう。

放っておいてごめん、だなんて大層上から目線な物言いでごめん。

 

 

いや、色々あったんすよ。

いやまあ見事にホント色々。

聞きたい?

人の不幸は楽しいものだからこれ読んで、ああまだ下がいるんだと思ったりとかして楽しめばいいと思う。

 

父の死

姉の急病

母の発病と命の宣告

仕事退職

車ぶつけられる

彼氏に女の影

精神錯乱(彼氏が)

4キロ増

 

まあザッとあげたらこんなもんだが、

人生の不幸な出来事パレードがこの4ヶ月で一気に起こったのだ。(とどめは4キロ増)

どうだ、不幸だろう。

仕事行きたくないなんて言ってる新入社員や夫がなんもしてくれないなんて言ってる主婦、わたしの前ではその少し浮ついたお口を是非慎んで頂きたい。むしろ黙れ。

 

 

聞いてください。

人生なんぞあっという間に終わるのです。

あぁもっと遊んどきゃ良かった勉強しときゃ良かったあの人と結婚していればもっと好きなことしていたら南国に生まれていたら子供産んでれば

なんてたられば言っていたら、自分が死ぬ間際後悔が走馬灯のように浮かび、わたしだったら成仏できずに地縛霊になる(もしくは誰かに憑く)

 

人間ってのは、生物のなかでも怠惰の塊のようなもので、実際自分が苦しい局面にぶち当たらないと大事なことが分からないのである。

 そのなかでも特にできねー奴は、無くなってからいなくなってから大事さが分かった(;_;)とか言ってやがる。

 

ノー天気にもほどがある。動物や昆虫だって四の五の言わず生きるために狩りやら住まい作りに勤しんでいるというのに、自分様は一体全体どのようなご身分でどのような立場から、やれタラレバタラレバ言ってんのかと呆れる。

 

あんた、タラレバ言えるのは幸せな証拠だよ。気づけ。

そうだよ、言わなくてもわかるよ、ほんの半年前の私はまさにこれだったよ。

 

 

大事なことに気づく局面ってのは、人生のうちできっと何十回もあるのだろうけど、そこできちんと気づくかどうか。

しっかり多方面から物事が見れるかどうかがその後の分かれ道だろう。

 

 

あんなことを言われて傷ついた、そんなこと言う奴はダメな奴だ、あいつありえない、あんな上司キチガイだ、

 

物事を多方面から見れず、いつも正しいのは自分だと信じこんでいるうちはきっと目の前のことが変わらない。

そのグチとか悪口が出てるうちはきっと変わらない。

 

え?だって私がそうだったから。

 

天から不幸(という贈り物)が降ってきて、小生やっと分かった次第であります。敬礼。

 

ですので、これから幸せな気持ちで生きていきたいのなら、是非とももっとまわりに目を向けて生きたらいいんじゃないのかな?と思うのであります。

それができたら今度は感謝の気持ちが浮かんでくるので、それを忘れずにすれば幸せなんではないかなと思う次第であります。

敬礼。

 

 

 

と、

自分への戒め・メッセージとして強め口調で記しました。

こんな機会でもなければ、私は自分のまわりの人たちが大事だってことに気づかなかった。

わたしを支えてくれた友人知人、

本当にありがとう。この恩は一生忘れません。本当に。

 

 

 

わたしは、タラレバが嫌いです。

たまにやる内々のタラレバ会ならまだいいけど、公にするもんじゃない。

テレビでやって流行っちゃったからなんか世の中で肯定されちゃって、

けどあれさ、

危ういよ。