読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どうやら第二の思春期が来たらしい。

見た目はリア充完全武装。心は荒んだクリスタル。アラサー独女の日々。

アパレルやってるけど、ユニクロを崇拝している(その1)

ユニクロが好きだ。

いや、大好きだ。

 

もう服は全部ユニクロでいいって割と本気で思ってるから、もはや偏愛と言ってもいい。これを書いている今もインナーとスカートはユニクロのものを着用している。きっとあなたも今日のお召し物の1ないし2アイテムぐらいはユニクロでお買い上げではないですか?

今日は、私のブログを読んでくださる皆様にユニクロの素晴らしさを熱く伝えたい。尚、完全に私の主観で語るので、異論は控えてもらえるとユニクロ狂として大変嬉しい。

 

ユニクロ、LIFE WEAR 

よく言ったもんだ。本当に素晴らしいと思う。この8文字にユニクロのすべてが詰まっている。ここまで老若男女様々な客層に支持される服屋が他にあるだろうか。たとえ老人と若人が同じ服を着ていても何の違和感もない。極寒の地に住む人も、亜熱帯の地に住む人も、同じ店で服を買える。さりげなくトレンドを落とし込み、豊富なカラー展開の中には必ず自分に似合う色がある。素晴らしいと思いませんか?

 

・LIFE WEAR

1日中家にいるぞと決めた休日。今日指定日にしていた宅急便があったんだとピンポンを聞いてから思い出す。やべ、忘れてた。あー、甘いもの食べたいからちょっとローソン行ってこよう。ブラトップは、そんな休日を過ごす女性に軽やかな自由を与えた。

 

最近ロードバイクにハマっている。この街にこんなに坂があるなんて、車を運転している時には気づかなかった。夢中で登りきった坂の上から見える街はなんだか小さく見えた。俺、まだやれる。エアリズムは、そんな不屈な男性の汗を空気にした。

 

今日着ているジャケットは大事なプレゼンのために購入したもの。最近通勤中寒くなってきたけど、シルエットが綺麗だからできるだけ重ね着したくない。それに手首までしっかり袖丈があるババシャツを着たら、ジャケットの袖からチラッと見えちゃうじゃない。ヒートテックは、そんなスマートな女性の見えない味方になった。

 

週に2回のお見舞いが、今の仕事。長年連れ添った妻が入院してからやっと、自分の未熟さに気づいた。病院は乾燥するし寒い。勝手に室温を上げると看護婦さんに怒られちゃうからさ。洗濯ぐらいは自分でできるようになったぞ。これはすぐ乾くから母さんの分も頻繁に洗ってやれる。フリースは、そんな愛に溢れる高齢者にそっと寄り添う。

 

ユニクロ狂の私は、これを書きながらグッときている。自分で書きながら自分で感動している。なんだろう、ユニクロの服って、自分の生活スタイルや自分なりのセンスで着回しがきいて、それでいてカジュアルでもキレイめでも着られて、元々持っていた服とかブランド品とも合わせられて、低価格なのに値段以上の価値を感じるのである。

着る場面、着方、それらを消費者に委ねているから長年支持されるのだろう。

 

 

・まずスキニー

そんな私が一体何をきっかけにこれほどまでのユニクロ狂になったのかと言えば、忘れもしない。始まりは、スキニーなのです。

 

あれは私がまだ中高生だった頃。

巷ではスキニージーンズなるものが流行りだし、タイトなジーンズにねじ込む私という戦うボディを、世の女性たちは太ももから足首まで肌に沿うようなシルエットのスキニージーンズをもって表現していた。

 当時、ファッション雑誌を隅から隅まで読み漁っていた私は崇拝するモデルが着用しているスキニーは一体どこで手に入るのか、雑誌の後ろの方にある掲載商品取り扱いショップリストページを見ては、毎月肩を落としていた。今のようにネットでポチりできる時代じゃなかったから、結局東京に行かないと手に入らない。地方に生まれた私は自分を呪うしかなかった。しかも雑誌に掲載されている商品はどれもこれも高い。私のお小遣いじゃ到底手が出なかったし、親に「スキニー欲しいよ」って言ったところで「スキニーって何」だし、それに小娘のピチピチジーンズに大枚出せるほどの家庭でもなかった。

 

そんな折、週末の折り込みチラシを見ていた私の目に入ってきたのは、まさに私が恋い焦がれ憧れに胸を膨らませたスキニーだった。

ユニクロで、売ってるらしい。

夢にまでみたスキニージーンズが、家からそう遠く無いユニクロで売ってるらしい。

店内の後方に位置していたスキニー売り場の前に立った高揚を、今でも覚えている。雑誌で見たのは全部1万円以上したのに、ここに置いてあるのは3990円。私でも頑張れば買えちゃう。お小遣いで買えるのは1着だけど、母に急かされながらも、どれにしようどの色にしようと悩みに悩み、購入したのはスタンダードなブラックジーンズ。

覚えてる。覚えてるよ。古着屋で買ったレトロなフリルシャツに、あえて甘辛MIXで合わせるという、教科書(ファッション雑誌)で見た公式を自分自身に当てはめたかったからブラックを買ったんだ。

思い出したら当時の気持ちが蘇ってきて泣きそうだよ。

 

全身プリクラにスキニーが写り、後でプリ帳を見ながらそのシルエットに自らうっとりしたし、

ブーツカットを履いている友達から受ける羨望の眼差しも心地よかったし、

スキニーちゃんのために脚やせに励んだ日もあった。

 

結局、履きに履きまくりバイト用のズボンに格下げになるまで、私はそのスキニーを愛用した。多分、ほぼ私の皮膚になってくれていた。

 

ユニクロへの感謝

「ファッションは高価なもの」と教科書で教えられた当時の私に、選ぶ楽しさをプレゼントしてくれた。地方に住んでいる小娘にも、気軽にトレンドを纏う喜びを教えてくれた。どこか高い所にあって憧れるもの、自分とは別の世界のもの、という「ファッション」の存在がユニクロのおかげで身近になった。自分がファッションに近づいたというよりは、ユニクロがあるおかげでファッションが自分目線に下りてきてくれた、という言い方の方が合っているかもしれない。

 

かくして、私のお洋服人生はユニクロのおかげで現在進行形で豊かなものになっている。この前買った大きめのイヤリングを主役にしたいから、まさにこれからユニクロでそれに合うセーターを見てこようかと思っている。アラサーになった今でも、私にとってユニクロはひっそりと佇む名脇役。組み合わせた時に出来上がる自分だけのファッションに、今でも高揚し続けている。

 

その2に続く。

 

コーヒースタンドおしゃれすぎて入れない問題

私が住む地方都市にも、続々と店舗数が増えているコーヒースタンドなるもの、苦手である。

 

 広いとは言えない店内には店主が自らバイイングしたであろうセンスのいい家具が絶妙な配色のもと完璧な空間を作っている。

スタンドと言えど店によっては2.3席ぐらいの座り席があり、そこに座るはこれまたセンスのいい客。この人絶対ハナレグミとか聴いてるよね。

無口っぽい店主は決まってお洒落髭を蓄えており、人によってはレオナール藤田を彷彿とさせる丸メガネをかけている。本人も狙ったのか、素晴らしき乳白色のニットを着ていたりする。

 

いや正直気にはなってる。

数百円のコーヒーでもこんな素敵な空間で淹れてもらえたらきっと豊かな時間を送れるだろうし、何よりこの店に行ったことあるよ常連だよっていう付加価値、いいじゃん?

気にはなってんだよ。けど一人で入るのは無理。一人で寿司もラーメンも行けるけど、お洒落なコーヒースタンドは無理。

一杯淹れてもらっている間に私はこのお洒落無口店主にどんな会話を振ればいいのか、例えば2度目の来店の際はいつもどうも的な顔して伺えばいいのか、仮に店主と会話したとしてハナレグミ聴いてるお洒落客がいきなり会話に混ざってきて今度みんなでキャンプでもしようよとかいう流れになったらどうしようとか、そのキャンプって絶対にアヒージョ作る人いるでしょとか、自意識過剰で本当にくだらない事を無駄に考えてしまうのだ。私、お洒落するのは好きだけど、お洒落な大人こわい。これ以上お洒落コミュニティーを広げたくないのである。

 

という取るに足らない気持ち悪い感情が邪魔をして、結局気になるコーヒースタンドの前をたった数歩で通り過ぎてしまう。

通り過ぎている間に考える。コーヒーって、ほっと一息つきたい時に飲むよね。リラックスするために飲むよね。CMでも、いつでもほっとAGF!言うてるし、コーヒー買う&飲む間に無駄な感情を抱いてストレス溜めたら本末転倒やんね。

無駄な妄想を繰り広げた後にすぐ自己正当できるのは、第二の思春期がなせる技。第一思春期には、できなかった。

 

結局私は数件先のコンビニまたはタリーズで、バイトの女子大生がマニュアル通りに淹れてくれたコーヒーを買う。こじれたアラサーの心に沁み入る。ホット頼んだんだけど、アイスで作ってくれたんだね。美味しいよありがとう、バイト頑張って。

 

誰でもウェルカムなお店も素敵だが、そのお店の雰囲気に自分が合わせるような、足を踏み入れるとカッチリとした空気を感じるようなそんなお店に自然と立ち入れる大人になるには、まだ少しかかりそうだ。

 

 

医者がイケメンなのは迷惑以外の何ものでもない

夏に受けた健康診断の結果がこの前届いた。

 

受けに行くのはめんどくさいと思いつつ、公的に仕事に遅刻できるので健診嫌いじゃない。

心電図を受けるときに、「あ、腹まわりのムダ毛、処理してない」と、看護師の目の前で衣服をまくった時に毎回気づく。時すでにお寿司。腹も胸も露わな武装ゼロの状態で開き直る。忘れてくれ、わたしの毛も顔も。

 

そんなことはどうだっていいのだが(いやよくないかも)、封筒を開けて入っていたA4版の紙にはいかにも危機的状況を物語るような堂々たる赤い文字。

そう、28歳独女、人生で初めて精密検査の収集令状を頂いてしまったのだ。

 

「血液脂質の数値が異常なので直ちに精密検査を受けてください」

2枚目には、わたしの血液成分がどれほど異常なのかが赤裸々にも数値で表された紙が同封されていた。

会ったこともない奴に自分でも分からない自分の部分を数値化され、しかも理路整然と異常だと否定され、それを安安と納得する者はいるのだろうか。

赤裸々な私の部分を異常だと決めつけやがったマゼンタ色のその文字に私は静かな怒りを覚えた。

 

私が「異常」とされたのは、血液脂質。つまりコレステロール値。

コレステロールには、HDL(善玉)コレステロールとLDL(悪玉)コレステロールがあるらしく、悪玉コレステロールが高いと、いわゆる動脈硬化心筋梗塞になる恐れがあるらしい。

しかし私の場合は、悪玉コレステロールが基準値を下回りすぎて数値外、逆に善玉コレステロールが高すぎるという。善玉が高いならええやん何が異常やねん!と用紙にデコピンしつつも正直内心ビビっていたので一応調べてみたところ、善玉と悪玉の数値に差がありすぎるのも問題らしい。

 

あらかじめ言っておくが私は常日頃から健康には気を使っている。

俗に言うスーパーフードはほとんど試したし、お手製グリーンスムージーでプチファスティングする日だってある。昨年はホットヨガにも通っていたし、休日の朝にはお気に入りのウェアを着てジョギングだってする。

どうだ、たったこれだけの項目を並べても私がいかに健康オタクか分かるだろう。しかもまんまとメディアに踊らされたミーハーだというスパイスも効いている。そのへんの中肉中背アマチュア武装アラサーと一緒にしてもらっちゃ困る。

 

 

 

とにかくこんだけ健康に気を遣っているこの私が再検査だなんておかしいに決まっている。

というか、会ったこともないこの私に「異常だ」とレッテルを貼りやがった薄ら禿げヤブ医者はどんな顔をしやがるのかこの目に焼き付けておこうという怒りを抱え、再度病院に出向いたのである。

 

もはやこの怒りをどこにぶつければ正当なのか分からなくなってきたが、相も変わらぬプロ並みな流れ作業を淡々とこなす愛嬌のない優しい看護師さんに番号で呼ばれ、薄ら禿げの待つ部屋に通された。

 

部屋に入って驚いた。

え、おいおいおいおい、

全然禿げてない。

むしろイケメンやん。。。

 

そこで待っていたのは、

いかにもこの近所のママと波乱な昼顔を繰り広げていそうな、東幹久 似のソース顔イケメン。(推定41歳)

私の脳内には、寝ぼけた無責任禿げちゃびんが既にイメージ化されていたため、予想を反する事の流れにいきなり出鼻をくじかれた。

 

「健康診断の結果にご不安があり、再検査ご希望ですね。」

「はい。」

「実はですね、はっきり言いますが、再検査は必要ありません。」

「えっ、、」

「善玉が多く、悪玉が低いのは健康体の証。もはや模範的です。悪玉と善玉の数値がここまで開くのは、おそらく遺伝でしょう。このままいけば、ご長寿です。」

「たぶん再検査をしても、また同じ数値が出ると思います。それにお金をかけるのは無駄ですし、やらない方向でよろしいですか?」

 

 

東幹久はニコニコと優しく私を諭し、しかも検査や薬で金を取るようなヤブ医者とは違い、無駄な金は払わなくていいとまで言ってくれた。

なんという予想外の連続。

さっきまでの行き場のない怒りはひゅるひゅるとしぼんでいき、私は東幹久の言う通りに病室を後にするしかなかった。

待合室でぼんやり待っていた時にふと目をやった本棚にあった本のタイトルは、「そのままの、あなたが素晴らしい」

混乱した。

 

 

会計の際再び番号で呼ばれ、払った金額は初診代問診代含めて850円。

 イケメン東幹久に優しく諭された代、850円。無駄な金は払わなくていいって言ったのに。この850円は、東幹久に不安と怒りを鎮めてもらった接待代と思うしかないのだろうか。

 

帰り道に、ふと思う。

そもそもこの数値は「異常」ではなかったのなら、今日のこの時間と金はなんのために使ったのか。

というか、異常と言ったはずの本人に正常だと言われて大人しく帰ってくる私は、ただのイケメンに振り回されるバカ正直な尽くすタイプの女と一緒ではないか。

 

家に帰るまでの道中に、太るからという理由でいつも避けているケーキ屋がある。若干の自暴自棄になった私は吸い込まれるようにケーキ屋のショーケースの前に行き、ガトーショコラひとつとフルーツタルトひとつとチョコクッキー一袋を買った。

コレステロール?そんなもん知らん。

血糖値の急上昇にしばし身を任せ、全てを平らげたあとには胸やけと罪悪感が残った。否定され、肯定され、心をかき乱された私を癒すのは甘いスイーツしかないのに、そいつにまで裏切られた気分だ。

 

とりあえず、乱されに乱されまくった混乱アラサーが声を大にして言いたいのは、

医者がイケメンなのは、迷惑だという事である。